長距離引越しは長期戦を覚悟

引越しの当日−荷物の搬出は、長くとも半日もあれば片づけを含め終了します。移動日数は移動の距離にもよりますが、通常、国内であれば1〜2日程度です。荷入れも通常1日あれば終了しますが、引越しはこれで終わりではありません。新居での片づけ、新住所での転入手続き、ご近所へのご挨拶など、1週間程度は引越し関連の作業で忙殺されます。

 

ということで、結局のところ、最低1か月は引越し作業に忙殺されることになります。

 

 

 

長距離引越しの場合、通常、数か月前から遅くとも数週間前までには準備にとりかかる必要があります。特に家族を伴って長距離引越しをする場合、最低でも1か月は、引越しの手配、準備、実施、後片付けに忙殺されることになります。

 

引越しが決まったら、まず引越し業者を選定することが先決です。複数の業者から見積りを取って、自分にあった予算・日程で請け負ってくれる業者を選ぶようにしたいところですが、特に、年度末には引越しが集中し、思うように業者が選定できないケースもありますので早くから行動しましょう。

 

▼長距離引越し業者を無料で探す

 

また平行して、現在住んでいる住宅の退去の手続き、役所、電気・ガスなどの公共機関への連絡、不用品の処分、学校に通っている子どもがいれば、転校の手続きなども必要です。最近ではネットで24時間受付してくれるサービスもありますが、平日の昼間でないと手続きできないところが大半ですので、余裕を持って早めに行いましょう。

 

そのほか、引越し先に持っていく荷物の梱包も計画的に行いましょう。普段、あまり使わないものは早めに片づけてしまい、最後まで使う食器などは直前に荷造りするようにしたいですね。引越し間際になると、ほとんど荷物の中で生活している状態になってしまいます(ただし、おまかせコースの場合、前日まで普段どおりに生活できますが、その分、費用はかかります)。