長距離引っ越し料金、少しでも安くするためには?また長距離引っ越しの注意点は?

長距離引っ越しをするとなると、どんなに荷物が少ない単身の引っ越しであってもそれなりに費用がかかるものです。
引っ越し業者に依頼すると見積もりを出してくれますが、ここでの料金は引っ越し業者専用のトラックを使って荷物を直接引っ越し先まで運ぶことを前提に計算されています。
もしもより長距離引っ越し料金を安くしたいということであれば、他の輸送手段を用いることを引っ越し業者と相談してみることをお勧めします。

例えば「混載便」というものがあります。

混載便とは引っ越しの荷物を一旦業者が引き取り、そこから先は同一方面に輸送される他の荷物と一緒に輸送するという輸送手段のことであり、長距離の引っ越しで料金を安く済ませる方法の一つです。
混載便を利用すれば複数の荷物を一度に運ぶことができるため業者側もトラックをあまり稼働させなくて済みます。
その結果引っ越し料金も安くすることができます。
いくら安くできるかは荷物の量によっても異なりますが数万円、もしくはうまくいけば十数万円も引っ越し費用を安くすることも可能です。

しかしデメリットもあります。

例えば混載便では荷物の日時指定ができないため受け取りたい日に荷物をうけとることができません。
それから「大手の引っ越し業者=高い」というイメージを持っている人も少なくないと思いますが、実はそうではありません。
特に長距離の引っ越しに関してはそうです。
下手に中小の引っ越し業者に頼むよりも場合によっては大手の引っ越し業者に頼んだほうが安くなることもあります。
なぜなら、大手の引っ越し業者には中小の引っ越し業者にはない独自の運送網が全国にあるからです。
全国展開しているような大きな引っ越し業者であれば、自社ですべて輸送を行うため余分なコストがかからないうえ、仮に誤送や荷物の紛失があったとしてもすぐに発見できます。
これに対して中小の引っ越し業者というのは料金は安いかもしれませんがそのぶん地域密着型であり、長距離の引っ越しとなると結局は別の仲介業者に荷物の輸送を頼まなくてはなりません。
別の仲介業者が入れば当然余計なコストがかかりますので運送費も結果的に高額になるうえ、誤送や荷物の紛失の可能性も高くなります。

こうしたことを踏まえたうえで、まずはインターネットで一括見積りサービスをしてみることをお勧めします。

さらに引っ越しのうえでの忘れてはならない注意点として、引っ越し後すぐに必要になる荷物は自分で運ぶということが挙げられます。
特に長距離の引っ越しの場合、引っ越し業者に輸送を依頼した荷物がその日のうちに新居に届くことはまずありません。
引っ越し業者に依頼した荷物は翌日以降に到着するのが大半です。
そのためすぐに必要となる生活必需品は手荷物として自分で運ぶ必要があります。
そのうえ混載便などを利用すれば翌日に必ず届くという保証はありませんので、万が一に備え数日間過ごせる程度の荷物を手荷物で運ぶようにすると安心です。

 

 

引越し業者を選択する一つの指標として、料金をあげる方が多いと思います。

今回は気になる長距離引越し料金についてご紹介します。

 

長距離引越しにかかる料金体系は、なかなか一言で言えない複雑なシステムになっています。
例えば、東京から福岡に引越しする場合、人の移動であれば、飛行機や新幹線などあらかじめ各社とも1人当たりの料金は決まっていますが、長距離引越しの場合、荷物を搬送する手段(トラックかコンテナか)、作業員の人件費、有料道路の使用の有無等が主な要素です。
このうち、最も高い割合を占めるのが作業員の人件費です。
人件費は搬入・搬出に要する作業員の人数に、拘束する時間を乗じて算出されます。
このため、おまかせコースで荷造りを業者にお願いすると、荷造り作業に従事する作業員の費用が上乗せされ、料金が高くなるといったことになります。
また、長距離引越し料金は、季節によっても大きく異なります。

 

お盆や年末年始の繁忙期に飛行機や新幹線の料金が高くなるのと同じように、3月末から4月初旬にかけての引越しが一番多い時期の料金はとても高額になります。
もし可能であれば、繁忙期をずらした引越しを検討してはいかがでしょうか?
引越し業者としても繁忙期は作業員を確保することすらままならないのですが、逆に閑散期にはお得な料金で引越しできるキャンペーンなどを行っていますので、そのような時期を狙って引越しするのが料金の面ではお得です。

 

最後に、離島や海外への引越しの場合、船や飛行機を利用するので割増料金がかかります。
転勤の場合、会社から手当が支給されるとは思いますが、思いのほか高額の料金となりますので、精算払いの場合、手持ちの資金が不足しないように十分に気を付けましょう。