長距離引越し どこに頼めばいいの?

 「引越し」と一口に言っても、ご近所への引越しから海外への引越しまで様々な種類があります。そんななかで最もよくあるケースが、転勤に伴って現在住んでいるところから、県外などの遠くへ転居するケース(ここでは、便宜上「長距離引越し」と表現します)ですね。このような長距離引越しを行うにあたり、おすすめの業者とはいったいどのような業者でしょうか?
 引越し業者も多くの従業員を抱える一部上場の大企業から、軽トラック1台だけで営業している業者まで様々な形態があります。ご町内の引越し(例えば、現在住んでいる賃貸マンションから、子どもの学区内に新築した一戸建て住宅などへの引越し等)では、地元密着の業者に地の利がありますが、長距離引越しの場合、基本的に全国に営業所を配置している大手の業者が強みを持っています。大手の業者とは、テレビコマーシャルなどを流している会社だと思って間違いありません。例えば、日通、引越社、アート引越しセンターなどが有名ですね。
なお、中小の業者も黙ってばかりではありません。小さな企業同士が組合を結成し、全国ネットを形成して大手と同様のサービスを目指しています。全国引越専門協同組合連合会「ハトのマークの引越しセンター」では、荷出の業者と荷入の業者はそれぞれ地元の運送会社ですが、作業を標準化することで大手に負けないサービスを提供しています。
 また、おすすめの業者として忘れてはならないのが、あなたが所属している会社と提携している業者です。転勤は会社の命令で行われるものですので、引越し料金の社員割引など優遇措置が取られている場合がありますので、引越しが決まったら、ぜひ一度、確認してみて下さい。