長距離引越し

長距離引越しはどこの業者に頼めばいいの?

長距離の引っ越し、もちろんその値段は距離が伸びるほど高くなります。
これはトラックの運転手さんの労力などを考えると、仕方ないことです。
でも、出来る限り安く済ませたいですよね。上京する学生さんとかなら特に。
というわけで、長距離引っ越しにおける裏技をお教えします!ちゃんと覚えておいてくださいね。

 

まず、引っ越し業者を1つに絞らない

 

引っ越し業者を1つに絞って決めてしまうと、他の安い業者を見逃してしまいがちです。
なので、多くの引っ越し業者から見積りを取ることがかなり重要です。
結果、とても安い業者が見つかるかもしれません。
でも、そんなの面倒ですよね。そんな方には一括見積もりサイトをおすすめします。

 

大手にはない謎の”混載便”

kontena
基本的に大手引っ越し業者は、最初から最後まで1つのトラックで運んでしまいます。
しかし、中小引っ越し業者にある「混載便」なるシステムをご存知でしょうか?
あまり知られていませんが、結構使えるんです。これ。

 

混載便は、引っ越しを終え帰ってくるトラックに荷物を積み替え運ぶもので、
料金が、かなり!安くなります。

 

ですが、混載便には「トラックの荷物がいっぱいになるまで出発しない」というデメリットが有ります。
混載便は他の引っ越しをする人の荷物も一緒に運ぶのですが、それがトラックいっぱいになるまで出発しないのです。
つまり、時間に余裕が無いと、混載便は使えません。

 

スケジュールと相談して、混載便を使うか決めましょう。移動中に観光なりなんなりをするのも一興かもしれませんね。

 

宅急便も使える?

 

クロネコヤマトの宅急便には、引っ越しのパックがあるのですが、
これは距離が伸びるほど比較的割安になるシステムになっています。

 

距離を500kmと仮定すると、
単身なら6万から8万、4人家族でも16万円ほどです。

 

 

 「引越し」と一口に言っても、ご近所への引越しから海外への引越しまで様々な種類があります。
そんななかで最もよくあるケースが、転勤に伴って現在住んでいるところから、県外などの遠くへ転居するケース(ここでは、便宜上「長距離引越し」と表現します)ですね。
このような長距離引越しを行うにあたり、おすすめの業者とはいったいどのような業者でしょうか?
引越し業者も多くの従業員を抱える一部上場の大企業から、軽トラック1台だけで営業している業者まで様々な形態があります。
ご町内の引越し(例えば、現在住んでいる賃貸マンションから、子どもの学区内に新築した一戸建て住宅などへの引越し等)では、地元密着の業者に地の利がありますが、長距離引越しの場合、基本的に全国に営業所を配置している大手の業者が強みを持っています。

 

大手の引っ越し業者は長距離が得意?

大手の業者とは、テレビコマーシャルなどを流している会社だと思って間違いありません。
例えば、日通、引越社、アート引越しセンターなどが有名ですね。
なお、中小の業者も黙ってばかりではありません。
小さな企業同士が組合を結成し、全国ネットを形成して大手と同様のサービスを目指しています。
全国引越専門協同組合連合会「ハトのマークの引越しセンター」では、荷出の業者と荷入の業者はそれぞれ地元の運送会社ですが、作業を標準化することで大手に負けないサービスを提供しています。

また、おすすめの業者として忘れてはならないのが、あなたが所属している会社と提携している業者です。

転勤は会社の命令で行われるものですので、引越し料金の社員割引など優遇措置が取られている場合がありますので、引越しが決まったら、ぜひ一度、確認してみて下さい。